【1】ZEHの周知・普及に向けた具体策

現在 弊社で建築している住宅の中で環境性能がトップレベルの「プロフィット」というシリーズですが、このシリーズは国交省の「ゼロ・エネルギー住宅」補助金を受けられる躯体性能を有しています。
このシリーズを発展させ、いままで消極的だった蓄電システムの導入も積極的に取り入れ、ゼロ・エネルギー住宅より一歩前に進んだプラスエネルギー住宅(プロフィット住宅)を標準化していきます。ZEH住宅の現場見学会やホームページ、住宅雑誌などで一般のユーザーのわかりやすくZEH住宅の周知、普及へ努めていきます。

【2】ZEHのコストダウンに向けた具体策

ZEH住宅を数多く施工することによってコストダウンを図る。そのために取引先とグループを組み、研究しつつ技術の共有化で性能を向上しながらコストを下げる。

【3】その他の取り組みなど

ZEHの先はどうなるかということを考えていかなければならない。
「エネルギー」と「資源」をいかにして節約し、それでいて快適な住環境を提供していくかが課題です。

  1. 外皮性能を高め、UA 値=0.2W/㎡ K を目指す。
  2. 地域材で建てる。
  3. 伝統工法も残しながらプレカットなどの省力化もすすめます。
  4. 太陽エネルギー以外の地熱などの利用も考える。
  5. 薪ストーブなどバイオマスエネルギーも取り入れる。
  6. 省エネかつ快適な「冷暖房」について研究を重ねます。

など積極的に取り組みます。

今後の普及率目標