鶴が丘の家 新築工事 【 完成編 】

泉区鶴が丘の家、先月6月末に完成しましたので一気に

完成編でご紹介させて頂きます❢

 

 

まずは外観の方から。窯業系乾式防火サイディング(欧州漆喰塗風)張り:横張り🏠

窓枠は本物の木ではなく、マットなブラウンの枠で縁取りを。バルコニーはシンプルなタイプ、

玄関庇・独立柱は栗材を採択。玄関庇屋根はヨーロピアン瓦葺きです。

玄関の宅配BOXはミルクティーのような淡いベージュで。

 

 

外の駐車場・犬走り土間コンクリート。こちらは、仕上げの際にお施主様に立ち合い頂きビー玉を

埋め込みました。お絵かきは日付も入れて…成長されても思い出に残る仕上がりになりました。

 

 

リビングダイニング、キッチン廻り。床材はアカシア材、カウンターキッチンはタイル張りで

グリーンとホワイトですっきりと。キッチン収納家具は大工による造り付けです。

照明器具はアクセントカラーのオレンジでビビットに。

 

 

リビング横、4畳半の和室。神棚は、大工造り付け。多孔質で吸湿吸音が叶う、エッグウォールを

採用しています。洗面脱衣室は、当社こだわりの『青森ヒバ』×タイル張り。一見、ミスマッチの

ようですが、収納をナチュラルなテイストで設えることで、空間としてまとまりました。

 

 

2F洋室。ウォークインクローゼットに小窓を設けることで、通風も叶います。

天井材は青森ヒバ(左)。全居室に収納完備で、しっくいクロス張り。

 

2F子供室。将来的に間仕切り壁を見込み、ドア・収納共に2枚ずつで設計。

小屋組表しがダイナミック、開放感に溢れる空間です。

 

 

1Fトイレは階段下の空間を有効活用、腰板は桧板張り(H=1000㎜)。

部分的にオフホワイトのタイルを使い、壁面収納も完備。

階段は杉材での、刻み造作で拵えました。

 

 

最後は、玄関廻りのご紹介です。断熱ドアは、横に明かり取りの小窓も設けました。

ペンダントライトは気泡入りのガラス材で、ぐっとアンティーク感が漂います。

シューズクロークは敢えて扉を設けず、魅せる収納に。ステンドグラスが

空間の可愛らしさを引き立てています。

 

Vintage Series 最新での、ご紹介でした。駆け足でのご紹介で、申し訳ありません。

いかがだったでしょうか、皆様の家造りのご参考になれれば幸いです。

無垢材、そして多彩な木材にこだわる ‘匠の家’ を、これからもご提案して参ります✨

 

 

お問い合わせ

     

資料請求・ご質問・ご相談など、
お気軽にお問い合わせください。

0120-45-6165

【受付時間】9:00~18:00