勝山の家 Vol.3

青葉区 勝山の家🏠

二回目は基礎工事編②です🌳

  

建物が建つ位置に木枠を組みます。建物基礎の位置出し、境界から離れ寸法を追い出していきます。

土留め入れ替え部分もしっかりと出来上がりました。(右)

 

  

根切作業・GL-350㎜、W450㎜で行っていきます。

基礎内部には砕石も敷き入れていきます。

 

 

砕石は基礎全体にまんべんなく均していきます。ポンプ車入りの前に、基礎部分の形は

間取りに合わせて形取っていきます。

 

  

間取りに合わせて成形後に、遮熱シートを被せます。その後外側に鉄筋を組んでいきます。

徳田工務店は「外断熱工法」なので、基礎部分にも断熱材を廻して施工していきます。

 

  

外周部を組んだら、内部に鉄筋を組んでいきます。オリジナルの基礎蓄熱式床暖房なので、

水廻りは先行配管をしていきます。(右)

 

  

鉄筋ピッチ(200㎜間隔)、基礎底板からの被り厚さ(60㎜)。

行政調査にもきちんとクリア出来るよう、施工基準通りに行っていきます。

 

  

アンカーボルト金具・定着長さ240㎜。基礎コンクリート打設後に、柱材などの構造材を基礎と

連結する金具です。(左)

金具・鉄筋組が終わると行政立会の検査を行います。(右)基礎配筋検査は、

正しく配置されているのかをチェックされます。

建物の強度や耐久性を左右するので、重要な工程です✍

 

次回は基礎工事編③をご紹介します🙏

次の更新もお楽しみに♪ (^^)/✨

 

お問い合わせ

     

資料請求・ご質問・ご相談など、
お気軽にお問い合わせください。

0120-45-6165

【受付時間】9:00~18:00