勝山の家 Vol.2

青葉区 勝山の家🏠

二回目は地盤改良・基礎工事編①です🌳

 

  

全面道路に接する土留め部分は、玄関の位置に合わせ一部新規で土留め作り替えます。

重機で解体作業をして、底板部分には砂利なども敷き入れて均します。(左)

底板部分の舗装が出来たら、側溝との取り合いに鉄筋を組んでいきます。敷地側には、

木軸のパネルも組んでいきます(右)

 

  

既存土留めとの取り合い部分、しっかりと木軸パネルと鉄筋を組みます。(左)

敷地一段目部分を、コンクリートを流し固めていきます。(右)

 

  

鉄筋が固定されたら、全面道路側にも木軸パネルを組みます。パネルの中にコンクリートを

流します。(左)しっかりと養生期間を置き、型枠を外します。

高低差の部分には階段を作ります。(右)コンクリートの養生期間は季節や湿度によって

異なるので、職人さんと相談しながら日数をおいて枠を外していきます。

 

  

土留め部分が出来たら、敷地部分の地盤補強をしていきます。土留めとの離れ(1000㎜以上)、

長手方向も建物位置に合わせ同じ厚みで掘っていきます。

 

  

敷地内の建物荷重が掛かる四隅を重点的に、地盤の補強をしていきます。地盤が弱かった部分には、

普通ポルトランドセメントをいれます(右)土の置き換えは、建物の基礎を作る前に行う

大事な工程です。

 

次回は基礎工事編②をご紹介します😊

次の更新もお楽しみに (^^♪ 👏✨

 

お問い合わせ

     

資料請求・ご質問・ご相談など、
お気軽にお問い合わせください。

0120-45-6165

【受付時間】9:00~18:00